月別アーカイブ
フリースペース
おすすめサイト
TOP

就職活動に必要な情報をメモしています。

ブラック企業の噂に惑わされるべからず

テレビをはじめとしてインターネットでもブラック企業についての情報が飛び交うようになりました。実際に多くの従業員が強いストレスを感じていたり、あまりにもひどい業務形態の場合には、確かによくない企業ということもできるのですが、インターネットの情報やメディアの情報というのは大げさな事も多いのでブラック企業の噂ばかりに惑わされすぎてしまうのは良いこととは言えません。特にインターネットが普及するようになってからは些細なことでも一つの企業を悪い企業だと噂を広めるような人々がいることも事実であり、実際には全く事実無根の内容がネット上で出回ってしまい、良くない企業といったイメージを持たれてしまうような企業もあります。例えば良くない企業と噂されている会社でも自分が働いてみて居心地が良いと思えるかもしれないし、仕事そのものがとても楽しいと思えるかもしれません。初めからブラック企業を避けて職場探しをしようと思っているとその分就職先を選ぶ幅が狭くなってしまいますので、実際に面接を受けたり自分の身をもって経験しない限りはこのような企業についての噂に惑わされないようにしましょう。

企業理念を調べてから応募する会社を決める

どの会社にも必ず企業理念というものがあり、これはそれぞれの会社によって違っているものです。しかしこの理念を十分に調べず自分の応募する会社を決めてしまう人がいます。その場合面接で企業理念を聞かれたりするような場面でしっかり答えることができなくなってしまうため、十分な調査や企業についての知識を持たず、ただ単に就職先を決める目的で応募してきたと思われてしまうことがあります。特に面接などでは、企業理念についても十分調べているかどうかが重視されるので、企業理念について自分自身がどのように思ったのかをはっきり答えられるようにしておきましょう。しっかり調べておくことで、質問タイムなどにも自分から理念についてを問いかけることができるため、こうした部分で本当に就職したいといった熱意が伝わりやすくなります。必ずといって良いほど理念に関しての感想を述べよと言われることが多いので、どんなに時間がない中でも必ず調べていくようにしましょう。またこの理念そのものが自分の考えと合っていなければ採用が決まっても、働きだしてから不満に感じることが出てきてしまいますので、そういった意味でも企業理念を調べるのは大切なことです。


採用担当者に興味を抱かせるお礼メールの書き方は?

就職活動の中で、面接試験は採用のいかんを決める重要なイベントです。この面接試験の後に、お礼メールを出しておくと効果的です。採用担当者に「この子は違うぞ」と思わせることも可能だからです。しかしせっかくメールを出しても、そのマナーがなっていないと意味がありません。まずメールタイトルを作成してください。ビジネスマンになると1日数十通のメールを受け取ることも少なくありません。このため、件名を見てそのメールをすぐにあけるかどうかの判断をします。メールタイトルがよくわからない、ありきたりだと後回しにされます。そこでメールを見たくなるような件名にすることが大事です。そして本分ですが、読みやすさを意識することが重要です。そのためには、適度に行間を空けるようにしてください。また改行がないと文章がだらだらと続くような感じになってしまい、読みにくくなります。このような所に意識して、「貴重な時間を頂戴しましたありがとうございました」と簡潔にお礼を伝えると、注目してくれる可能性があります。

Webエンジニアの正社員求人に求められる素質と面接アピールポイント

Webエンジニアとしてこれまでは派遣や契約社員などで働いていた方も、自分のスキルや経験に自信が持ててくれば、安定して高収入が得られる正社員の求人に応募したいと考えるようになるケースは少なくありません。これまでの経験やスキルを活かしつつ、スムーズに正社員求人に応募して採用されるためには、面接でどのような点をアピールすればいいのか、Webエンジニアに求められる素質とともに検証していきましょう。勉強家であることは、必須の条件といえます。Linux、Windows、UNIXなどのOSやJava、NET、PHP、C言語などのプログラミング言語を巧みに操るには広範囲な知識が要求されます。常に勉強の日々で最新の知識を磨いておく必要があり、業務に必要があれば徹底して勉強するという姿勢をアピールしましょう。コミュニケーション能力が高いことも必須です。Webエンジニアというとパソコンの前でずっと作業しているイメージですが、実際にはクライアントと直接会って課題を検討したり、現状の問題点をヒヤリングするなど外部と折衝する機会も少なくありません。また、その情報を元に会社内部への指示出しを行うなど、社内外とのコミュニケーションがスムーズにできなければ仕事として成り立ちません。クライアントはWebやシステムに関しては素人ですし、忙しく常に納期へのプレッシャーに追われている仲間と接するうえで、思いやりを持って人と接することができる点をアピール材料にしてください。そして、Webエンジニアに欠かせない要素が冷静沈着であることです。Webサイトのリニューアルなどをしていれば、わずかなミスでも表示が乱れることや不具合が生じることもあります。その時、即座に落ち着いて原因を突き止め修正できることが求められます。決してWebエンジニアは慌ててはいけません。どんなときでも落ち着いて冷静に対応できることが大切であり、それができる方は好アピール材料になります。そして、複数のWebサイトやプロジェクトに一度に関わることもあるため、スケジュール管理が得意なことも必須条件です。さらに体力や持久力があることも求められます。納期前やサイトのシステムリニューアル前など徹夜作業も少なくありません。Webエンジニアは見た目は細い人も多いですが、驚くほどの持久力がある人が少なくありません。持久力や耐久力、集中力が備わっていることも、アピール材料になります。

未経験でもWeb系正社員の求人が倍増しているわけ

デジタル化が進むにつれて、私たちの生活は便利なものになりました。そして今まで情報を得ていたツールの新聞やテレビではなく、パソコンやスマートフォンから見る方が増えました。そのため、新卒での採用をどんどん増やしているのがWeb事業です。ここ10年の間にデジタル化社会が進んだことによって、IT企業が増えこれによりWeb系の求人が今でも増え続けていると言われています。しかし、Web系となるとやはりflash言語やJava、HTML言語などの専門言語を専門学校で勉強していないと雇ってもらえないと思われがちですが、これは実は間違いです。なぜ間違いかというと、確かに専門学校で勉強している人や1位2位を争う賢い学校で有名な大学の人を企業がほしがっているのは事実です。しかし、現在の企業では正社員で雇うことの最低条件として見ているため、これで必ず雇ってもらえるというわけではありません。では未経験の場合、企業はどうして雇うのかが気になるところだと思います。近年見直されている社内勉強を行う企業が増えてきており、たとえ素人でも位置から全部教えるという決まりになっています。これはWebプログラミングの初心者に、プログラミングを行わせると必ず失敗するのは当たり前です。この経験をしていくために、まずデバッグ作業を行います。これにより、プログラミングの流れやプログラマーがミスしやすい所を確認させることが可能です。又、いくらプログラミングの入力する技術が優秀で、学校で首席で卒業した人でも天狗になってはいけません。プログラミングがいくら優秀だとしても現在Web系で使用されいる言語は豊富で、中には学校で教えてもらっていない言語などを使用する場合があります。又、企業によっては専用の機械やその企業独自規格のWeb系を使用する場合があります。こうなってしまうと経験豊富な人でも困ってしまいますし、すぐに退職してしまう場合があります。こうならないために、現在のIT企業は未経験から経験者までの正社員に対して勉強会を行うことがあるのです。そして、企業が一番見ているのはやる気です。未経験の場合は特にやる気がないと経験者に追いつくことはできませんし、やる気がなくなってしまうと当然すぐに退職をしてしまう原因になってしまいます。専門学校に行っていない人でもとにかくやる気のある人を企業は優先して雇ってもらえるので一度求人を見てみてはいかがでしょう。 http://themerrymakers.be/